実習中はアルバイトできるのか!?どれくらい時間があるの?

実習中はアルバイトできるのか!?どれくらい時間があるの?


皆さんこんにちは。

看護学生をしています、おりごんです。

今回は看護学生が避けては通れない、看護実習についてです。

看護実習といえば、たくさんの経験ができる反面、キツイ、寝る時間がない、記録が終わらない、指導者さんが怖い…などマイナスイメージも多いと思います。

おりごんも実習が始まるまでは「生きて実習を終えられるのだろうか…」とうじうじしてた時期もありました…汗

そんな中で実習中にアルバイトはできるのか…不安ですよね。

これから実習を迎えるみなさんに向けて「実習中にアルバイトに入れるのか!?」おりごんの経験談を踏まえて書いていきます。

アルバイトは続けられるの?

看護大学や看護学校に入って続けてきたアルバイトが続けられるかですが…

アルバイト先によりけりです。

アルバイトをしたいならば条件としては

シフトの融通が利く

久々に入っても優しい←これ重要

医療系の学生の忙しさを理解してくれている

ですかね…。

おりごんは「長期間の実習が始まる前にアルバイトやめよう」と思ってました。

実習が始まる前に社員の方にその旨を伝えたところ、「月に1回も入らなくてもいいから、また戻ってこれる時に入ってくれたらいいよ」と神のようなお言葉を頂きました。

そして実習中、たまーにバイトに入ったら全然動けないのに「おかえり」って出迎えてくれて、前と変わったところを優しく教えてくれて、本当に大感謝です。

おりごんの経験談はこんな感じですが、

実習優先で看護学生のことを分かってくれるアルバイト先なら問題なくアルバイト続けられます!

アルバイトのせいで実習の単位が取れなかった!っていうのは避けたいですよね

アルバイト先と要相談です。

実習中でない時のアルバイトについて知りたい方は、看護学生にオススメのアルバイトは?バイトはできるの?をぜひ見て行ってください!

どれくらいバイトに入れるの?

その人の実習からくるストレスの程度や、バイト先によると思います。

おりごんは働くことがそもそも好きでないタイプなので、月1-2回程度アルバイトに入っているだけでした。

友達で働くことが苦でないタイプは週1回とか普通にアルバイトに入ってました。(尊敬の眼差し)

「バイトが息抜きなの」とか言ってたので、やべえなこいつと密かに思ってました笑

ごく僅かの強者は平日もアルバイト行ってましたが、どの時間に記録やってるんだ?って感じでした。もの凄く要領がいいタイプなんでしょうか…羨ましい。

実習期間と言っても、学校によっては間休みが数週間あったり、学校で勉強する日があったりします。

それに、領域によって記録の量や厳しさは違うことが多いです。

要領よく記録をこなし実習をこなしていけば、時間は割と作れると思います。(おりごんは厳しかった…笑)

アルバイトしていても実習に影響は出ない?

実習は記録をほぼ毎日しなければなりません。

アセスメントや評価は形にできれば後はその都度修正するだけですが、行動計画や日々の学びは毎日書く必要があります。

毎日実習の平日にアルバイトを入れるのは正直厳しいと思います。(ストイック星人は知りません)

土日は記録と折り合いをつけることが出来れば、全然問題無いと思います!

土日に延々と記録をしないと終わらない!なんてことは無かったです。

おりごんの実習成績について、アルバイトをしていたから悪いなんてことは全くなかったです。(成績が悪い原因は他にある!)

おりごんは土日にアルバイトを入れた時は、金曜日に記録を終わらせていました。というのは嘘で日曜日の深夜に溜め込んいました笑(みんなあるあるでしょ⁉︎そう言って欲しい…)

みなさんはこんなことにならないように、計画的にアルバイトを入れましょうね!

でも、これだけは伝えたい!

ここまでは割と実習中のアルバイトについて肯定的に書いてきました。

ここでは、少し否定的な意見も…

アルバイトはもちろんのこと時間を取られてしまいます。

実習は記録が毎日あります。睡眠時間を削って記録をすることもしばしば。

実習施設では体力、精神力が消耗します。定期的にリフレッシュして体を休めないと、疲労が蓄積していきます。

なので、「自分の体調は自分で守る」という気持ちだけ忘れずにアルバイトに挑んでほしいです。

健康でなければ実習もアルバイトも続けられなくなってしまうので…

また、学校によってはアルバイトが許可されていないところや、先生がアルバイトと実習の両立をよく思っていないこともあります。

学校は学業優先ではあるので、その辺の加減も必要ですね。

先生の前では「アルバイト頑張ってるんですよ」アピールはやめておきましょう笑

最後に

いかがでしたか?

今回はおりごんの実習中のアルバイト事情を踏まえながら、書いてきました。

ぶっちゃけ、個人差がかなり大きいと思います。

働くことの好き嫌い

アルバイト先の環境

学校によっての記録の量

記録を終わらせる要領の差…などなど人によってそれぞれです。

自分に合ったスタイルを確立していきましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。